FXの基本 スワップポイントの注意


スワップポイントでも損をすることがあります。

では他に注意することなどはあるのでしょうか?


スワップポイントは、二つの通貨の金利の差を

利用するものです。つまり金利そのものが

変わってしまうと、スワップポイントの収入も

変わってきます。



今の円は金利が低いですが、バブルの時期は、

他の国より遥かに高い金利が付いていた時代も

ありました。金利というのは、長い目で見ていると、

かなり変わっていくものなのです。



つまり、今はドルと円でスワップポイント収入がある

からと言って、これが永遠に続く訳ではありません。


そして、もうひとつ注意する点は価格変動リスクです。

例えばドルを買って、毎日スワップポイントを受け取

っていたとしましょう。仮にスワップの収入が1日

100円だったとすると、年間3万円を超える収入に

なりますよね。


しかし、これは単に通貨を持っていただけの場合です。

通貨のレートは毎日変わります。例えばあなたが1ドルを

100円で買って持っていたとすると、急な円高になって

1ドルが90円になってしまったら、もし1万ドルを持って

いたとすると、10万円の損が出てしまいます。



スワップにより3万円の収入があるけれども、価格変動で

10万円の損が出るというような事態になってしまうのです。

(普通の人は10万の損失、と言うより円高になる前に

対処すると思いますが…)



これらは確かにリスクではありますが、よく注意して今の

金利や価格をちゃんと見ていれば、大損するような事は

ないでしょう。つまり、スワップポイントを期待して

放置しているのではなく、しっかりと為替や金利などを

注意して見ておくことが大切なのです。





タグ:スワップ FX

FXの基本 スワップポイントとは



FXの大きな特徴のひとつが、スワップポイントです。

スワップポイントとは、取引を行った際の二つの通貨の

間の「金利の差」です。例えば1ドルを100で、1万

ドル分を買ったとしましょう。その買いポジションを

翌営業日まで持ち越した場合。買ったドルには、その分の

金利収入が入ります。そして逆に、円については、

1万ドル分相当の100万円を証券会社から借りている

(実際に100万円を入金している訳ではないので、

「借りている」状態になります)ため、その分の金利を

支払う必要があります。


その時々の通貨の金利にもよりますが、例えばドルが

金利4%とすると、日本の金利は今の段階では、非常に

低いので、金利に差が出ます。高い方のドルを持っていると、

ドルの金利と日本円の金利との差を、毎日受け取ることが

出来ます。これがスワップポイントです。


簡単に言うと金利の高い方の通貨を持っている場合、

その金利の差額を毎日受け取ることが出来るという仕組みです。


もちろん、逆の場合もあります。例えば、ドルの売り

ポジションを持っている場合、金利の高い方のドルを売って

金利の低い円を持っているので、金利の差額を毎日支払う

ことになります。


この差額ですが、金額としては金利の高いと言われている

英国のポンドを持っている場合で、スワップポイントでの

受け取りは、おおよそ1日あたり200円前後(2007年2月

現在)となります。


ただし、スワップポイントは取引業者によって違うので、

FX業者を選ぶときには、スワップポイントの高さにも

注意しましょう。

スワップ狙いもあり?



FXの取引をはじめてまだ数か月ですが、

わたしは昔から、ギャンブルは苦手でした。

だから、FXという相場関連の取引にも

向いていない、とずっと思っていたんです。



でも、今年になってから、いろいろとセミナーなどで

情報収集するうちに、それほど危ないものではないの

かも、という気がしてきました。


まあ、FXの会社が開いたセミナーなので、よさそうに

説明したのかもしれませんが、それでもちゃんと

「損をすることもあります」とか「リスクとしては、

コレとアレと…」などと、説明がありました。



それで、少しならとはじめてみたのですが、実は

当初はスワップ狙いでした。つまり、預金の金利が

とても低いので、一日150円としても、毎日入って

くれば、ちりも積もれば、でたまってくるという

もくろみです。



もちろん、為替の変動があるので、買ったときよりも

ぐんと下がってしまったらだめですけど、今は比較的

円安で安定しているから、安心して(?)放っています(笑)

初心者なら、スワップ狙いでもいいですよね♪
タグ:FX スワップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。