FXの基本 スワップポイントとは



FXの大きな特徴のひとつが、スワップポイントです。

スワップポイントとは、取引を行った際の二つの通貨の

間の「金利の差」です。例えば1ドルを100で、1万

ドル分を買ったとしましょう。その買いポジションを

翌営業日まで持ち越した場合。買ったドルには、その分の

金利収入が入ります。そして逆に、円については、

1万ドル分相当の100万円を証券会社から借りている

(実際に100万円を入金している訳ではないので、

「借りている」状態になります)ため、その分の金利を

支払う必要があります。


その時々の通貨の金利にもよりますが、例えばドルが

金利4%とすると、日本の金利は今の段階では、非常に

低いので、金利に差が出ます。高い方のドルを持っていると、

ドルの金利と日本円の金利との差を、毎日受け取ることが

出来ます。これがスワップポイントです。


簡単に言うと金利の高い方の通貨を持っている場合、

その金利の差額を毎日受け取ることが出来るという仕組みです。


もちろん、逆の場合もあります。例えば、ドルの売り

ポジションを持っている場合、金利の高い方のドルを売って

金利の低い円を持っているので、金利の差額を毎日支払う

ことになります。


この差額ですが、金額としては金利の高いと言われている

英国のポンドを持っている場合で、スワップポイントでの

受け取りは、おおよそ1日あたり200円前後(2007年2月

現在)となります。


ただし、スワップポイントは取引業者によって違うので、

FX業者を選ぶときには、スワップポイントの高さにも

注意しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81247197

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。